復興支援すいた市民会議 › 参加団体の活動 › 吹田の風プロジェクト6・8sat.復興支援らいぶ報告

吹田の風プロジェクト6・8sat.復興支援らいぶ報告

2013年06月12日

吹田の風プロジェクトの詩歌敬です。
先日の土曜日の活動報告をさせていただきます。

第14回:東日本大震災復興支援チャリティーライブ報告

6月8日(土)晴れ
快晴30℃の真夏日。
JR吹田駅前午前10時にMさんの車で機材搬入。
さんくす名店会のテントが広場に2張り立ててありました。
続々ミュージシャンも到着しステージのセッティング、リハ!

今回も、東北の物品を販売をする、仕入れることで支援する事も一緒に!
テントではHAPPY&SmileのIさんが、東北の物品と東北のずんだ豆の入った
「はーとパン」を販売。(完売)
靴下で作ったぬいぐるみ「おのくん」の販売は、
「おのくん」吹田市局長のHさんが20体を持って里親販売?(完売)
特に、ミュージシャンたちに人気があってステージを忘れるほどでした・・・

ライブは午後12時30分定刻スタート、
詩歌敬がMCを兼ねながら
「この街から」と「ぬちぐすい」を歌いました。
「ぬちぐすい」は昨年10月に他界した伊禮さんのために
書き下ろした楽曲です。彼といっしょに歌い続けたいです!

二番手は初参加の「ねこちゃんず」
ボーカルのドリーさん、ギターのごんすけさん、ベースのみゅうさんの3人+カホンで詩歌敬。
(楽曲はオリジナル意外は音楽著作権のため記載しません)

三番手は、手話パフォーマンス!ダンスの「心縁仁」20代の2人組ユニット
体調を崩して万全ではないのですが!棄権したくないって
20分の短縮パージョンでダンス。

四番手は「アコギのミカ&空風楽団」久々の登場です!!
ミカさん事情があって…リハなしの本番でした。
ギター2、カホン、フルートの4人。
時折、通り抜ける風にマッチした演奏でした。

トリ、五番手はホストバンドのEmy-Smile。
パワフルかつ繊細なコーラスワークは引き付ける力があります。
オリジナル「絆」は復興支援ライブのために、
メンバーのまなちゃんが作詞作曲。毎回歌ってくれてます!
「ぬくもり」は、きよちゃんが作詞作曲。今回初公開でした。
人との出逢いをテーマにした優しく繊細な楽曲でした!!

ラストは全員ステージに上がって、「涙そう」と「上を向いて」を
キーボード、きよこさん(エミースマイル)のリードで歌い
ステージ終了しました!

野外ライブは音響アクシデントがつきものです!!
マイクの位置、モニターやエフェクター機器との接触、音のバランス等々。
なかなか、満足のある音響ではありませんでしたが、
何はともあれ、無事終了しました!

募金箱の総額は¥17550でした。
責任を持って被災地の復興支援団体への寄付の一部に致します。

3.11.を忘れない
震災を風化させない
この思い気持ちを強く持って復興支援チャリティーライブ
次回はVol.15 9月、Vol.16 11月、Vol.17 2014.3月と続きます。

私達の活動を支えてくださる方々です!

テント、簡易ステージ(新品でした!柿落とし)を無償で貸して頂いた
さんくす名店会様
いつもご協力ありがとうございます。

急きょ、駆け付けてバルーンアートで楽しませて下さった
SA吹田様ありがとうございました。

当日、復興支援チャリティーライブに集まって下さった方々
友人・知人・市民の皆様ありがとうございました。

チラシを貼って応援して下さったお店の方々、
ありがとうございました。

復興支援ライブの趣旨に賛同し出演して下さった
ミュージシャン、パフォーマーの皆さん
ありがとうどざいました。

お願い、
YouTube等にライブステージの動画投稿は、
音楽著作権のある楽曲の演奏の場合、吹田の風プロジェクトとして、
固くお断りします。復興支援ライブステージでの演奏の責任は、
吹田の風プロジェクトにあります。
また、違反して著作権上のトラブルが生じた場合は
吹田の風プロジェクトは一切責任をおいません。

吹田の風プロジェクト
代表世話人
詩歌敬


同じカテゴリー(参加団体の活動)の記事画像
2014.3.9.sun.復興支援チャリティーイベント
チャリティストリートライブ@吹田の風プロジェクト
同じカテゴリー(参加団体の活動)の記事
 2014.3.9.sun.復興支援チャリティーイベント (2014-02-19 17:08)
 チャリティストリートライブ@吹田の風プロジェクト (2012-04-27 08:08)

Posted by 復興支援すいた市民会議 at 14:43 │参加団体の活動